ブルーレイドライブ
スポンサードリンク

【週末特価!】【ポイント3倍】バッファロー USB2.0/eSATA用 外付けブルーレイドライブ【税込...
スポンサードリンク

次世代DVD規格

ブルーレイドライブは、現在さまざまなお店で販売されています。次世代DVD規格として登場したブルーレイですが、最近ではパソコン用のHDDVDドライブからブルーレイドライブに買い換えるという方が増えてきています。
ブルーレイドライブはバッファローやIODATA、PIONEER、パナソニック、LG電子などさまざまなメーカーから発売されています。
次世代の大容量メディアブルーレイディスクは、DVDと同じ直径12センチのメディアとなり、1層では25GB、2層なら50GBもの大容量でデータや映像などを保存することができます。圧倒的な大容量となるので、ハイビジョン映像など増え続けるデータも気軽に保存することができるようになります。
また書き込み速度も8倍速が出ており、ブルーレイドライブの1倍速はDVDの3.2倍もありストレスなくハイビジョン映像の録画が可能になっています。価格も1万円台前半まで下落していますのでこれからの記録媒体はブルーレイに加速していくでしょう。

人気のブルーレイドライブ

ブルーレイドライブでもとくに人気のあるドライブをいくつかご紹介したいと思います。
LG電子から発売されている「GGW-H20N」は、売れ筋ランキングでも上位をキープするほどの人気があるブルーレイドライブです。価格も1万7千円前後と比較的安価です。求めやすい価格も人気の秘密になっているのですね。
またバッファロー「BR-816SU2」も人気のあるブルーレイドライブです。ブルーレイ1層・2層、DVD全規格、CD-R・RWなど3世代のメディアの再生や書き込みに対応しているドライブとなっています。ドライブにはパナソニックコミュニケーションズ製を採用しています。パソコン用地デジチューナのダビングや、撮影したハイビジョン映像の保存にもピッタリなドライブです。ひとつでマルチな使い方ができるのが人気に火がついているようで売れ筋ランキングでも上位にきています。
さらに、パナソニック製の4倍速書き込み対応ブルーレイドライブ「SW-5583-C」が1万3千円台で販売されています。パナソニック「SW-5583-C」はSATA接続型のブルーレイドライブ(OEM/バルク)。BD-Rの4倍速書き込み、BD-REの2倍速書き込みのほか、DVD/CD各メディアへの書き込みも可能となっており、バッファ容量は8MBあります。

ノートパソコンにもブルーレイを搭載

また、ブルーレイディスクドライブを搭載したノートパソコンも販売されています。
ソニーのVAIOは、新商品としてブルーレイドライブを搭載したパソコンを発売しました。このノートパソコンの重さはおよそ1.25キログラムととても軽量でコンパクトサイズとなっています。高色純度のクリアソリッド液晶による最高画質に加えて、ノイズキャンセリング機能や、高温サウンドチップを内蔵しているので、よりハイエンドオーディオに対応でき、臨場感のある高音質を実現することができたノートパソコンとなっています。最長17時間もの長時間駆動となっているので、これからノートパソコンを買い換えようと思っている方にぜひ一度チェックしていただきたいノートパソコンとなっていますよ。
ブルーレイドライブは、DVDやCD-Rなども同時に利用できるドライブが特に人気のようです。価格は最近安くなって2万円前後で購入することができるようになりました。家電製品店でも購入することができますし、インターネットの通信販売でもこのブルーレイドライブを購入することができます。ぜひ、この機会にブルーレイに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ブルーレイドライブ